医療事務の仕事内容

医療事務の仕事内容

女性に人気な資格といえば、医療事務です。医療事務の仕事内容は、いったいどんなものでしょうか?

 

・受付業務
患者さんの予約の受付、会計、患者さんの案内など・・
簡単そうですが、病院のイメージを決定づける非常に重要なお仕事です。

 

・レセプト業務
保険証を提示して病院の診察を受けると、患者さんは3割を自己負担して病院側へ支払います。
残りの7割は、病院から保険組合へ請求します。
その時に必要なのが、レセプト業務というものです。
レセプトという書類をまとめて、1ヶ月毎に医療費を請求しますので、毎月レセプトの時期になると、非常に忙しくなります。

 

・医師や看護師のお手伝い
カルテの管理、診断書の作成、その他雑用など・・
医療秘書と呼ぶこともありますが、医師の秘書的な役割を担い、スケジュール管理までこなすこともあります。

 

医療事務をするには医療用語、レセプトの知識などが必要ですが、それだけではなくパソコンの操作もできなくてはいけません。
今はどの医療機関でもコンピュータ化していますので、パソコン操作に戸惑っていたら、仕事にならないのです。

 

特に病院で勤務を始めたら、パソコンの操作を1から教えてくれることはありませんので、基礎的な操作ぐらいは就職前に覚えておきましょう。